先輩社員が大有建設を選んだ理由

施工管理 Kさん(名城大学理工学部卒)

Kさん

今の仕事は?

主に愛知県北部での現場工事を行っています。
公共事業である道路工事がメインですが、外構工事(仕上げ舗装、建物以外のフェンス・側溝等の設置)も行います。
僕はその現場で施工管理の仕事をしています。工事計画、書類管理、協力会社との交渉、施工、役所や会社への報告まで全て行っています。
責任がある仕事ですが、裁量権が大きく、完成したときの達成感はとても大きいですね。

 

仕事にまつわるエピソードはありますか?

印象に残っている現場は3年目のときの現場です。
計画と現場が食い違っていたり、地域の方の納得を得られなかったりとトラブル続きでした。
しかし、その分、出来上がった時の達成感はすごく大きかった。本当に、嬉しかった。
現場によって苦労した面が違いますが、終わった時の達成感、またホッとした気持ちが現場の一番楽しいところです。あとは人とのつながり。協力会社のみなさんや地域の方々とのつながりに実務面でも気持ちの面でも助けられています。

大有建設を選んだ理由は?

もともと土木に興味があり、建設システム学科で学んでいました。
自分の専攻を活かせる職に就きたいと思い、いろんな説明会に出向いていました。
最初はかなり大手の説明会に行っていましたが、「ちょっと違うな」と思いました。
そこで出会ったのがこの会社、大有建設です。
まかせてもらえる仕事の幅が大きく、裁量権も大きかったことに惹かれました。
実際入ってみても、その印象は変わりませんでした。
時には大変なこともありますが、和気あいあいとしていて、オープンでサバサバとした気持ちのいい社風に助けられています。

会社の雰囲気を教えて下さい。

アットホームな雰囲気だと思います。 先輩後輩の間でも自由に意見を言い合える環境があります。

 

財務 Oさん(名古屋商科大学経営情報学部卒)

Oさん

今の仕事は?

財務課という所で、主に支払いの仕事をしています。各担当部署や経理課が作成した資料を元に、振込み・約束手形の発行といった、支払業務の中でも実際にお金を動かす仕事をしています。

 

この仕事の良さはなんですか?

私の仕事は、売上に関わるものではありませんし、一日・一か月・一年の中で仕事の流れが大体決まっています。そのため、変化はほとんどありません。その反面、流れが決まっているので予測が立てやすく、自分のペースで仕事を進めることができます。仕事を通して学んだ事は、「メモ」の重要さです。私の場合は、教えられた仕事をまとめるノートとは別に、今日何をしたか、何があったかをその都度一枚のメモに書いておくことにより、仕事の流れを覚えました。また、この会社に就いたことで道路を見る目が変わりました。直接工事現場には行きませんが、「自分の会社が舗装した道路」をみかけると、やりがいのある仕事だなと思います。

 

大有建設を選んだ理由は?

就職先は、内勤・事務職という条件で探していました。業種は限定せずに、IT関連・出版社・メーカーなど色々受けました。この会社へは、就職活動が思うようにいかず、煮詰まっていた時期に大学からの紹介で選考会へ参加し、予備知識なし(会社HPを見た程度)で面接を受け、普段の自分のままで受け答えをした結果内定をいただきました。この会社を選んだ理由は、選考会の後にした(笑)企業研究の結果もありますが、選考会のタイミングや面接時の印象、当時の状況の中で「合っているかも」と思えた事が一番の決め手だったと思います。

 

施工管理 Yさん(名城大学理工学部卒)

今の仕事は?

国道一号線一色大橋の舗装工事を行っています。施工管理の仕事は人々の暮らしを支え、住みやすい街を自分の手で作り上げていく仕事です。

仕事をしていて嬉しかったことは?

住民の方々から「お疲れ様」「ありがとう」と言ってもらえるとやりがいを感じます。

 

大有建設を選んだ理由は?

東海エリアで舗装ナンバーワンというのが決め手でした。

 

生産管理 Iさん(大同大学 工学部卒)

Iさん

今の仕事は?

合材工場でアスファルトの配合や品質管理を行っています。

仕事をしていて嬉しかったことは?

納品した合材が実際に現場で綺麗に施工されるのを見ると嬉しいです。出来立ての道路を見るのは本当に気持ちいいです。

 

大有建設を選んだ理由は?

説明会のわかり易さと人事の方の親身な対応に惹かれました。和気あいあいとしながらも「やる時はやる」といった社風も魅力でした。

 

経営企画 Yさん(滋賀大学 経済学部卒)

y-san

今の仕事は?

同業他社の情報整理や、会社を取り巻く外部環境の情報収集、経営計画策定のサポート業務、経営数値等を社内で共有するための社内HPの更新作業などを担当しています。仕事は経営に関わることなので、自分の仕事がどのような結果につながるか、すぐに分かることはありませんが、会社の将来を中長期で見据える仕事にやりがいを感じています。

 

仕事の面白いところは?

現在、私は来期から始まる中期経営計画の策定業務に携わっています。実りある計画の策定に向け、様々な部署の人から各部署の現状や課題のお話をきくのですが、普段部署でパソコンに向かうだけではまず知ることのできないお話をきくことができ、刺激になっています。部署を越えて様々な方と関わりをもち、協力して会社の将来を担う計画の策定業務に取り組むことに、大きなやりがいと喜びを感じます。計画の策定はまだ途上の段階ですが、実際に各部署で働く方に会社の将来へ期待を深めてもらえる計画の策定となるよう、努力したいと思います。

 

大有建設を選んだ理由は?

就職活動では、人の生活基盤を支える仕事に就きたいと思い、関連する業界を訪問しました。この会社に決めたのは、長い歴史の中で道路舗装を中心に実績があり、本社が地元で地域に大きく貢献できるということからです。私は文系出身なので、実際に自分が道路を作るということはありませんが、同じ会社の一員として会社の運営を通して技術系社員の方のサポートをできたら、と考えました。また、街中の工事看板で当社の名前を見つけると、やはり嬉しい気持ちになります。

 

工事課 Kさん(摂南大学 工学部卒)

今の仕事は?

工事現場で施工管理をしています。自分が携わった道路やトンネルが地図に載るのは嬉しいです。

 

仕事で嬉しかったことは?

現場で休憩中に住民の方からお菓子とお茶を用意していただき、「いつも、ご苦労様」と言ってもらえたことです。工事が完了した時に、住民の方から「綺麗にしてくれてありがとう」と言われた時も嬉しかったです。

 

大有建設を選んだ理由は?

私の父は建設業を経営していまして、その背中を見て、育ちました。
入る会社はどんな会社でもいいと思っていたのですが、会社説明会に行くたび特徴を知っていきました。
大有は道路の舗装を主とした会社だと知り、注目しました。

 

経理課 Mさん(南山大学 経営学部卒)

Mさん

今の仕事は?

当社では合材等を製造・販売していますのでその入金処理や、取引先の業者様にお支払いする金額のチェックが主な仕事です。取引金額を間違えないよう、慎重さや正確さが問われるので責任も大きいです。また担当している工場で発生した経費の処理、営業成績の作成、伝票・台帳など各書類のファイリングも行っています。

 

仕事で嬉しかったことは?

担当している工場が無事稼働し、その現場を見られたときです。現在、私が担当している工場は合材を製造することを中止し、他の工場で製造したアスファルト合材を貯蔵・販売のみを行うというスタイルに変更になりました。よって合材を製造するための機械や建物は不要になるので除却処分をし、新たに合材をストックしておくための基礎設備や機械を資産として計上しなければなりません。機械の名称や図面の見方などわからないことだらけで、先輩に助けて頂きながら何度も何度も資料を作り直す作業が予想以上に大変でした。しかし、実際に工場がきちんと稼働している姿を見た時とても嬉しかったです。私は内勤ですのでなかなか現場を見ることができません。ですがこのように日々の自分の仕事もしっかり繋がって形になるのだなと実感することができ、とてもいい経験になりました。

 

大有建設を選んだ理由は?

私は学生の頃、フィリピンで現地の道を整備するというボランティアに参加しました。それがきっかけで人々の生活の基盤になるものをつくりたいと思い、ゼネコンやデベロッパーなどへの就職を考えるようになりました。当社は道路舗装に力を入れているため技術が優れていますし、新規事業にも積極的に取り組んでいたので興味を持ちました。私もこの会社で地域に残る仕事に関わりたいと思ったのが当社を選んだ理由です。