Taiyu Rug Pave(薄層オーバーレイ工法)

概要

老朽化したアスファルト舗装を対象に、乳剤散布装置付きアスファルトフィニッシャを使用して、特殊砕石マスチックAs混合物(特殊SMA)(5)をt=2.0~3.0cmに舗設する薄層オーバーレイ工法です。
特殊As乳剤「ラグゾール」と、特殊SMA(特殊改質As:Rug Flex使用)の同時施工による効率的な施工で、損傷レベルに応じた乳剤散布量の調節も可能です。既設舗装とオーバーレイ(OL)層の一体化を図れます。

 

特長

  • 特殊SMA(5)の空隙率を5%以上にすることで通気性を確保し、ブリスタリングを抑制します。
  • 特殊As乳剤「ラグゾール」をm2当たり0.8リットル以上散布することで、高い遮水効果も得られます。
 
   

 

  • 特殊As乳剤「ラグゾール」により、ひび割れを補強します。
  • 特殊SMA(5)により、リフレクションクラック抑制効果が得られます。
  • 薄層切削OLにも、TSファイン・ミリング工法との併用で対応できます。

 

施工流れ

  • 乳剤散布装置付きアスファルトフィニッシャにより、特殊As乳剤「ラグゾ-ル」を散布しながら特殊SMA(5)を敷きならしていきます。
  • その後、通常のマカダムローラーとタイヤローラーによる転圧を行います。

 

お問合せ先

建設事業本部 営業部 TEL:052-881-1580