タフ・カットU/タフ・カットLS(遮熱性舗装)

概要

遮熱性舗装は、舗装体表面に遮熱塗料を塗布することで、路面を加熱する近赤外線を高反射し、路面温度の上昇を抑制する舗装です。これにより、都市部の気温が局所的に上昇するヒートアイランド現象の緩和が期待できます。

「タフ・カット」シリーズには、高い耐久性を要求される車道用として「タフ・カットU(ウレア系樹脂)、タフ・カットLS(低臭MMA樹脂)」、歩道用としてタフ・カットW(水系エマルジョン)があります。

 

特長

  • ヒートアイランド現象の緩和が期待できます。
  • ポーラスアスファルト舗装に適用した場合、舗装が本来持つ機能(透水性や低騒音性等)を活かしつつ、路面温度の上昇抑制機能を付加できます。
  • 路面温度の上昇を抑制するため、耐流動性などの舗装の耐久性向上が期待できます。
  • 多様なカラーバリエーションがあり、景観舗装としても利用可能です。
  • 舗装の種類を問わず適用可能です。(密粒度、排水性舗装、新設、既設舗装)

 

温度抑制メカニズム

遮熱性舗装は、太陽光を反射して舗装体への蓄熱を抑えることで、夜間の放射熱を軽減します。

 

温度抑制効果

通常の舗装と比較して日中で約10℃、夜間においても2~3℃程度の温度低減効果を有しています。舗装路面の蓄熱を抑制できるため、熱帯夜を緩和する効果も期待できます。
路面温度測定結果(屋外)
サーモグラフィーによる温度測定結果

 

用途・施工事例

  • 軽交通から重交通道路までの車道・駐車場
  • 歩道、公園等の園路、ジョギングコース
  • 商店街、歩車共存道路、スクールゾーン、バス停
【タフ・カットLS 施工事例】
【タフ・カットU 施工事例】

 

お問合せ先

建設事業本部 営業部 TEL:052-881-1580