東海地区

■ 平成29年度 23号御薗南舗装工事(中勢バイパス)
■ 都市計画久屋大通公園内バス乗降場(噴水南のりば)の移転工事(舗装工事)
■ 三遠南信飯田東IC舗装工事

 

平成29年度 23号御薗南舗装工事(中勢バイパス)

工事場所 : 三重県鈴鹿市御薗町 地内
工期 : 2018年3月30日~2019年1月31日
発注者 : 国土交通省 中部地方整備局 三重河川国道事務所
工事概要 : 工事延長 840m,地盤改良工 10,400m2,排水性舗装 9,200m2
現場の声 : 中勢バイパス(鈴鹿市を起点として、津市を経由し松阪市へ至る)の新設工事である本工事は、国道23号の交通渋滞解消と交通安全の確保、災害時の支援ルート確保、地域経済の発展を支援するために整備を進めてきました。

2019年2月17日に無事に開通を迎えることができました。
ご協力をいただきありがとうございました。

 【着工前 2018.04】
【着工後 2019.02】

 

 

都市計画久屋大通公園内バス乗降場(噴水南のりば)の移転工事(舗装工事)その1・2

工事場所 : 愛知県名古屋市東区
工期 : その1-2018年3月10日~2019年3月25日
その2-2018年9月20日~2019年3月22日
発注者 : 名古屋市交通局
工事概要 : 工事延長 560m(オアシス21外周道路),コンクリート舗装工 2,110m2,切削オーバーレイ工 647m2,樹脂系すべり止め舗装工 598m2
現場の声 : 久屋大通公園噴水南バスのりばを、オアシス21周辺に移転するための工事です。
大型バスの走行、停車ができる舗装構成に変更する舗装工事や駐輪場・消防用空地の移設、また、乗車場・降車場の新設などのオアシス21周辺の整備工事を実施しました。

バスのりばの移転は、2027年リニア中央新幹線開業にむけた栄地区のまちづくり実施によるもので、2019年3月25日に移転が行われました。

【着工前2018.04】
【完了後】
【現場位置図】

 

 

三遠南信飯田東IC舗装工事

工事場所 : 長野県飯田市上久堅
工期 : 2017年5月2日~2018年2月19日
発注者 : 国土交通省 中部地方整備局 飯田国道事務所
工事概要 : 工事延長 2,685m,アスファルト舗装 5,450m2,連続鉄筋コンクリート舗装 1,470m2
現場の声 : 三遠南信自動車道は中央道飯田山本インターから新東名高速道路浜松いなさジャンクションまでの延長約100キロの高規格幹線道路であり、飯田東IC(仮称)は飯田上久堅・喬木富田ICとして2018年3月10日に供用開始されました。
工事場所は山間部で降雪の影響もありましたが、除雪や路面ヒーター車を手配するなどして工事を進めました。
主とする工事は、中宮地区の連続鉄筋コンクリート舗装及び、飯田東ICのアスファルト舗装です。
供用開始により、緊急車両の現場到着時間の短縮や、狭隘な市道の代替ルート確保といった効果が期待されます。
 【連続鉄筋コンクリート舗装 施工】  【アスファルト舗装 施工】
 【完成後】