沿革

昭和 3年 7月 川中組創立、土木工事、コンクリート二次製品製造業を開始
昭和20年12月 川中組を大有道路工業所に改称
昭和28年 5月 東海地方最初の生コンクリート会社として宇部生コンクリート工業株式会社を設立
昭和32年 3月 大有道路工業所を大有道路建設工業株式会社に改組
昭和32年 5月 建設業法により建設大臣登録を受ける
昭和34年 5月 商号を大有道路建設株式会社に変更
昭和55年10月 商号を大有建設株式会社に変更
平成 3年10月 自動車分解整備業を開始
平成10年 5月 ISO 9001の認証を取得
平成12年 6月 ISO 14001の認証を取得(生産部)
平成16年 1月 ISO 14001の認証を取得(本店)
平成19年 1月 海外事業部を設立
平成20年 9月 会社創立80周年
平成21年 7月 組織改正に伴う四事業部制を導入
平成25年 6月 豊田第一発電所を設立
平成27年 4月 豊田第二発電所を設立
平成29年 7月 グローバル事業部を設立
平成30年 9月 会社創立90周年
令和元年 5月 ISO 45001の認証を取得(建設部門)/ ISO 14001の認証を拡大(建設部門)