PRODUCT & TECHNOLOGY商品・技術

ノイズブラックキューブ 暗騒音工法

概要

建設工事等に使用する電動工具、保安設備、夜間等の照明用電源に使用する小型発電機は固定電源の取れない日々の工事で多く使われています。

しかし、不特定の場所で日々の作業の電源となる性質上、小型発電機は設置場所を選ばずの稼働が大半となり、近隣への騒音環境の負担となっています。

このノイズ ブラックキューブは、その小型発電機等を囲うことにより近隣への環境負荷を低減します。

特長

  • 地上高さ1.2m、音源より7.5m離れた位置において無対策はL(5)73.2dBであった騒音が通気吸音フォームを通過する事で、L(5)62.6dBとなり、10.6dBの低減効果があります。
    また、天蓋の吸音フォームの効果により上方への騒音も低減させております。(表-1)
  • 軽量(本体11.3kg、天蓋5.3kg)、折り畳みが簡単に出来て、持ち運びに便利で移動、設置の手間を取らせません。
  • 屋外での使用に際して、天蓋で直射日光を遮ることにより燃料タンクの表面温度を低減させます。
  • 小型発電機の排気孔からの排気ガスを本体排気口を介して排気する事により、上部空間及び壁面の通気吸音フォームからノイズブラックキューブ内に空気の流れが生じ、内部温度を一定に保ちます。

ノイズブラックキューブの騒音低減機能

シリーズ化

パイプフレーム型発電機用の消音ボックス、ノイズブラックキューブに3KV低騒音型発電機及びバルーンライト型投光機対応の発電機消音ボックスを取り揃えました。

従来の2KV小型発電機対応ノイズブラックキューブ同様に、四周面に通気吸音構造の開口部を多数設けることにより、発電機周りの高温空気の排出、外空気との循環をスムーズに行います。

内部空気は排出されますが、エンジン騒音は通気吸音構造の遮音フォームにより、低減されます。

お問い合わせ

建設事業本部 機材課 TEL:0567-55-2661

大有建設株式会社
〒460-8383 愛知県名古屋市中区金山五丁目14番2号

総合受付はこちらから

052-881-1581【受付時間】9:00~17:00(土日祝日除く)

Pagetop