PRODUCT & TECHNOLOGY商品・技術

かたまる泥 泥土等中性改良添加材

概要

中性改良材『かたまる泥』(特許出願中)は、建設汚泥、有機質泥土等を、利用目的に合わせ改良する環境面での安全性や現場での施工性に優れた環境配慮型の中性改良材です。

NETIS登録番号:CB-110003-A

特徴

1)環境面に配慮
2)リサイクル可能
3)再掘削が可能
4)設備費が安価
5)即効性がある
6)植生が可能
環境に配慮した材料を使用するため周辺環境に影響がありません。
建設汚泥および泥土の再利用に貢献します。
セメント系固化材でないため容易に掘削が出来ます。
バックホーなどの汎用重機で作業が可能です。
固化時間が早く作業時間の短縮が可能です。
中性で保水性が高いため植栽への影響もありません。

用途

建設汚泥・浚渫土の改良水源地近くの埋め戻し作業
盛土等の改良軟弱地盤の改良 etc

使用例

建設汚泥含水比(約30%)
混合後の状態(2%添加)

現場施工事例(農林水産省東海農政局 宮川用水)

バックホーによる改良状況

かたまる泥の施工方法(例)

  • 事前に室内土質試験により対象土の性状を把握します。
  • コーン試験等により固化材の配合、添加量を決定します。
  • 重機及び改良機械にて固化材が均一になるように混合します。
  • 養生後、バックホー等で敷均し、ローラーにて転圧します。

改良土の植栽への利用

「かたまる泥」は中性で保水性が高く、改良土の土の植栽への利用も十分可能です。

しろ菜

かたまる泥の荷姿

  • 500kgフレコンタイプ
  • 10kg袋詰めタイプ

お問合せ先

建設事業本部 環境事業部 TEL:052-881-1692

大有建設株式会社
〒460-8383 愛知県名古屋市中区金山五丁目14番2号

総合受付はこちらから

052-881-1581【受付時間】9:00~17:00(土日祝日除く)

Pagetop