PRODUCT & TECHNOLOGY商品・技術

チゼルノイズサイレンサー 暗騒音工法

概要

ハツリ作業における、ブレーカーのノミ先(チゼル部)から発生する打撃騒音を11dB低減させます。

また、チゼル部からの飛散物防止の効果もあります。商店、人家の軒先、病院、学校周辺、夜間工事等で作業員の手間を要することなく簡単に据え付けて、作業が出来るので、騒音を簡単に低減させることが出来ます。

また、右写真の様にコンパクトに折り畳めるので撤去、移動が簡単です。(重量は12kgです)

施工写真

ブレーカーノイズサイレンサーと併用して使えば、チゼル部(ノミ先部分)からの打撃騒音とエアーブレーカーの空気破裂騒音を低減することが出来ます。

※騒音測定値はL5(dB)、音源から7.5m、地上1.2mでの測定値です。

チゼルノイズサイレンサー(ブレーカーノイズサイレンサー併用時)の騒音低減性能

周波数分析結果

騒音測定結果

騒音対策騒音レベル
(L5、dB)
原音からの低減騒音
(L5、dB)
未対策
(作業騒音)
94.6dB
チゼルノイズサイレンサ83.6dB-11.0dB
チゼルノイズサイレンサ
+ブレーカーノイズ併用
77.0dB-17.6dB

チゼルノイズサイレンサーシリーズ(簡易バリア Kタイプ、Iタイプ)

市街地等の人通り、通過車輌多い場所での取り壊し工事において、工事に伴う騒音と取り壊し部分から発生する飛散物対策として、コンパネ養生していますが、コンパネ単体では風圧を受けてしまい、不安定な状態での施工となっています。簡易バリア Kタイプ(L型)、Iタイプ(コの字)の標準仕様はメッシュシート構成と成っていますので、風圧による影響が少なく、飛散物の拡散予防を図ることが出来ます。また、オプションの天然ゴムシートを掛ければ5-6dB(L5)の騒音低減を図ることが出来ます。

簡易バリア諸元、性能一覧表

簡易バリア
タイプ
寸法(m)重量(kg)騒音レベル摘要
使用時折畳時本体ゴムシート
t=2mm
ゴムシート
t=3mm
(L5、dB)原音よりの低減量
Kタイプ平面
1.15 × 1.15 × 0.5
高さ 1.00
1.15 × 1.00 × 0.085.567.11.4原音
68.5dB(暗騒音)
33.3dB
7.563.64.9
11.162.85.7
Iタイプ平面
1.25 × 0.65
高さ 1.00
1.25 × 1.00 × 0.087.567.31.2
8.162.85.7
12.062.16.4

お問い合わせ

建設事業本部 機材課 TEL:0567-55-2661

大有建設株式会社
〒460-8383 愛知県名古屋市中区金山五丁目14番2号

総合受付はこちらから

052-881-1581【受付時間】9:00~17:00(土日祝日除く)

Pagetop