WORKS現場紹介

国道45号 船越地区舗装工事 東日本

BEFORE

2017.11

AFTER

2018.10

工事内容

工事場所岩手県上閉伊郡大槌町吉里吉里~下閉伊郡山田町船越地内
工期2017年8月23日~2018年10月22日
発注者国土交通省 東北地方整備局
工事概要

施工延長 5,030m,アスファルト舗装(ランプ、PA含む) 90,330m2

現場の声

当社現場を含む、釜石山田道路の大槌ICから山田南ICまでの区間8kmが2018年度開通予定であり、宮古から釜石の都市間の所要時間は2011年12月時点の60分から40分へと20分の短縮が図れます。

将来的には三陸沿岸地域を通過した際の八戸から仙台までの所要時間が、上記同時点の約8時間から約5時間に約3時間の短縮となり、地域間の連携・交流が盛んになると期待されています。
また、高台に構築されている自動車専用道路のため、津波浸水地域を回避し、災害に強い道路ネットワークが形成されます。

当現場ではi-Constructionを導入し、マシンコントロールのグレーダーによる路盤施工の他、トレンチャー掘削やスリップフォームによる排水工などの連続施工により施工の効率化や省力化を図っています。
アスファルト舗装においては、3月後半から現在9月半ばまで舗装班10名程度で路盤、舗装と毎日作業しており、現在は大型ダンプで600t/日程度のアスファルト合材を運搬し、舗装しています。

大有建設株式会社
〒460-8383 愛知県名古屋市中区金山五丁目14番2号

総合受付はこちらから

052-881-1581【受付時間】9:00~17:00(土日祝日除く)

Pagetop