材料試験・舗装調査

 

業務概要

弊社では現場試験・舗装調査部門を設けており、様々な試験・調査を通じて皆様のサポートを行っております。これらの経験・ノウハウを通じて、皆様のニーズに合った試験・調査にお応えいたします。

 

室内試験

路体・路床、路盤、アスファルト、アスファルト混合物、コンクリートおよび舗装材料全般に関し、基本的物性の確認試験を行います。各種材料の配合設計、研究開発業務として目的に沿うように条件を変更した試験も行います。

CBR試験 マーシャル安定度試験
試料の支持力(CBR)を測定します。 加熱アスファルト混合物の残留安定度などを測定します。
ホイールトラッキング試験 コンクリートの各種強度試験
耐流動性の評価指標である動的安定度を測定します。 コンクリートの圧縮強度、圧烈強度などを測定します。

 

現場試験

現場密度試験・平板載荷試験など路体・路床、路盤の品質管理試験から、平たん性試験・すべり抵抗試験など表層舗設後の出来形管理試験、品質管理試験など、現場に求められる様々な試験を行います。

 

現場密度試験 平板載荷試験
路体・路床、路盤の締固め度合いを測定します。 路床・路盤の支持力を表す支持力係数を測定します。
すべり抵抗試験 平たん性(IRI)試験
舗装表面のすべり抵抗値を測定します。 乗り心地の度合いである国際ラフネス指数
(IRI)を測定します。

 

調査・分析

舗装の現況調査として、路面の定量調査および破損原因の調査を行い、調査結果の解析から修繕工法の選定までをご提案いたします。

路面の定量調査:わだち掘れ、ひび割れ率、平たん性など

破損原因の調査:コア採取、開削調査、FWDを用いた非破壊調査など

 

開削調査 簡易支持力(キャスポル)調査
現状舗装構成の確認、舗装の破損原因の調査を行います。 地盤の支持力や締固め状態などを測定します。反力が不要のため、簡易に試験が行えます。
FWD調査
非破壊調査による舗装の破損原因の調査を行います。

 

試験パンフレット・お問い合わせ

【試験パンフレット】

試験費用やその他の試験についてもご協力致しますので、電話もしくはE-mailまでお気軽にお問い合せ下さい。

・・・中央研究所 〒454-0055 名古屋市中川区十番町6-12

TEL☎: 052-659-1710 Mail✉: taiyu-lab@taiyu.co.jp