9カ国13名のJICA研修生が当社工場を見学されました

2018.02.13

2018年1月29日(月)、国際協力機構(JICA)中部で研修を受けているアフガニスタンなど9カ国の行政担当者が、当社大江合材センターを見学に来られました。

JICAの「総合的な廃棄物管理」の日本研修の一環として、アフガニスタン、ブータン、カンボジア、ミャンマーなどアジア9カ国13名の方が参加され、愛知県の認定リサイクル材「あいくる材」の再生アスファルト混合物や、道路廃材処理の大規模プラントである当社工場を興味深く見学していただきました。