西日本

■ 長門俵山道路大寧寺第1トンネル第1舗装工事
■ 平城宮跡歴史公園朱雀大路他整備工事

 

長門俵山道路大寧寺第1トンネル第1舗装工事

工事場所 : 山口県長門市俵山小原
工期 : 2018年7月6日~2019年6月28日
発注者 : 国土交通省 中国地方整備局 山口河川国道事務所
工事概要 : 工事延長 733m,上層路盤(セメント安定処理路盤) 8,090m2,連続鉄筋コンクリート舗装 7,360m2
現場の声 : 長門俵山道路の一番西側に位置する、大寧寺第1トンネル(全長1,243mのうち西側733m)のコンクリート舗装工事です。
連続鉄筋コンクリート舗装は、自社機のスリップフォームペーパで施工しています。
また、路盤施工時には暗い作業状況での事故防止として、酒井重工業の緊急ブレーキ装置(後進用)付きタイヤローラを日本で初めて使用しました。
【着工前 2018.08】
【着工後 2018.12】
  
【連続鉄筋コンクリート舗装 施工】
【緊急ブレーキ装置(後進用)付きタイヤローラ】
(吹き出し…3Dセンサ,後方カメラ,後方用スピーカ)

 

平城宮跡歴史公園朱雀大路他整備工事

工事場所 : 奈良県奈良市二条大路南~佐紀町
工期 : 2017年3月24日~2018年3月31日
発注者 : 国土交通省 近畿地方整備局 国営飛鳥歴史公園事務所
工事概要 : 園路広場整備工(土系舗装:7840m2,透水性自然色As舗装:2094m2,木化粧橋:2橋),植裁工(高木植栽:15本,張芝:874m2),雨水排水設備工(遺構側溝:65m),照明設備工(フットライト:9基,ポールライト設置:2基,分電盤1基),通信設備工(地中配管1147m,地中配線:1392m,光地中配線:1743m,光ケーブル接続:1箇所),サービス施設整備工(サイン施設工14基)
現場の声 : 「平城宮跡歴史公園」の開園に向けた、平城宮跡内の整備工事は、施工面下に遺構(遺跡)があるため、奈良文化財研究所(文化庁付属機関)立会いのもとに、掘削作業を行いました。

開園に向けての最終工事のため、当初平城宮跡内のみの工事でしたが、国道24号、奈良県、近畿日本鉄道の夜間規制など多方面にわたり協議を行い、工事完成に向けて朱雀大路南側の歩道補修工事や光ケーブル入線工事などの施工を行いました。

2018年3月24日に「平城宮跡歴史公園」は開園を迎えました。

 【完成後 ドローン動画】
【排水路整備】 【インターロッキング舗装】
【土系舗装 敷き均し】 【土系舗装 混合】
 
【石張り舗装】 【透水性自然色As舗装 二次転圧】
【完成後】